家具やソファにつきやすい汚れの種類

家具やソファにはつきやすい汚れがあり、汚れの種類に合わせて掃除をした方が綺麗に掃除することができます。家具やソファについてしまう汚れの種類は様々ありますが、共通点もあります。共通点は、細菌やカビなどの繁殖条件の一つである水が常時近くにある水回りに行くほど汚れの種類が多くなる傾向があります。特に、リビングなどは、日常生活の汚れが蓄積されていきやすいため、いざ掃除しようとするとなかなか落ちないこともあります。落ちないからと言ってゴシゴシと強い力でこすってしまうと傷がついてしまうため、注意が必要です。特に布製の家具やソファは、水分に弱いため、シミもできやすいです。カバーリングタイプであれば、選択できますが、外せないものは水物厳禁になります。

食べ物系が原因の汚れの種類について

キッチン周りにある家具は、食品の汁やこぼれた調味料などの食品汚れができる可能性があります。食品汚れであれば、汚れてすぐに水拭きすることで簡単に取れます。しかし、放置していると変色や変質を引き起こすことがあるため、早め早めの対処が必要です。また、布製のソファなどは、水分に弱いため、ソファで食べたり飲んだりしているとこぼれたものがシミや汚れとして残ってしまうことがあります。布製のものは、もとが水分に弱くなっているため、カバーして汚れが直接つかないようにする、ソファで飲食しないことなど対策をしておくことです。それでも汚れてしまった場合には、すぐに濡れタオルなどでふき取ります。なるべく漂白剤やシンナーなどは使用せずに中性洗剤を薄めたものを使ったほうがベストです。

素材ごとに異なる汚れの種類について

革張りのソファなどで塩分の多い醤油やみそ汁をこぼしてしまうと、時間が経過してから塩が結晶化して表面に吹き出てしまうことがあります。そのため、念入りにふき取る必要があります。ただし、強くこすってしまうと傷になってしまうため注意が必要です。乾燥させる時には、ヘアドライヤーなどで高温乾燥させてしまうと型崩れなどを起こしてしまうため、自然乾燥させるようにします。油性の汚れの場合は、ベンジンなど使って掃除することになりますが、革張りの家具やソファの場合は、専用のクリーナーがあるため、そちらを使うようにします。また、本革の場合は、水に弱いため、飲み物だけでなく汗でも汚れになってしまうことがあります。本革の場合は、日ごろからのメンテナンスを行っておく必要があります。

伝統の木組みの技で組み上げた頑強なフレームと、ふくよかなクッション部分とが織りなす匠の技が光ります。 無駄のないシンプルなデザインは、空間を選びません。 無駄のないシンプルなデザインは、空間を選びません。 使い心地の良さとデザイン性を高めています。 ご希望に合わせた商品仕様により、価格の調整が出来ます。 快適な家具・ソファをお求めのあなたへ